知れ渡った利上げ後のドル安ジンクス 

14日の株式市場は小幅安。日経平均株価は15円安の19883円で大引け。出来高は17.0億株。ドル円は110円を挟んだ動き。

引き続き、今晩の米FOMCを前に様子見姿勢が強い。

寄り付きしばらくは上昇基調で2間円円を回復したが長続きせずじり安傾向となった。

昨日指摘した通り、TOPIXがこのところ底堅かったことも朝方の上昇につながった。

だが、FOMCを控えリスクを負いたくないということで2万円に乗せた後は上を買う動きが続かない。

本来なら、昨晩、NYダウが最高値を更新したことで、終値でも2万円はあってしかるべき。

だが、ナスダックの大陰線から戻りが弱いことが響いている印象。(SP500は終値ベースで最高値更新、ザラ場はまだ)。

これまでの動きを見ると、NYダウが高値を更新している中では意外と日本株は冴えないことも少なくない。

それがNYダウの上昇が止まった後で日本株が買われる傾向がある。つまり、出遅れの買いが入るというわけ。今月1,2日の急上昇もその類。

FOMCでの利上げは想定内だが、過去の利上げ後にはドル安の動きとなっている。今回もそれを警戒している部分はある。

ただ、皆が意識しだすと相場は逆に動くことが多いのも事実だけに要注意だ。

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ