出来高12億株台はアベノミクス相場(12年12月以来)で2回目

週明けの株式市場は小動き。平均株価は前日比4円安の19682円で大引け。出来高は12.7億株。ドル円は111円台前半とこちらも小動き。

本日の低調な状況は今晩NY市場が休みのためだが、それにしても冴えない。

出来高が12億株台というのは今年初めてで、昨年8月15日以来のこと。この時は12.4億株。アベノミクス相場が始まって以来、12億株台はこの2日のみ。

昨年8月以前は12年11月までさかのぼらなければならない。

閑散に売りなしという言葉があるが、昨年8月15日に12億株となった際は、その後、8月下旬にかけて500円ほど下げた。今回はどうなるか。

本日時点でもまだ騰落レシオは140ポイントだが、ようやく明日以降5日ほど急低下しておかしくなくなってきた。

ちなみに、ジャスダック市場の騰落レシオは134ポイント、マザーズ市場は111ポイント。ジャスダックは過熱状態。

マザーズは10~20ポイント加えた数字が他市場との比較レベルとなる。

先週来、日経平均は渋み状態にあるが、チャートからはS点に位置している。高値抜いた後、押し目で高値付近まで調整した地点だ。

これを経た後、再び上方に向かって動き出すのがチャートセオリー。折しも、これから

過熱状態が徐々に薄れ中、そうなっておかしくない。

その場合は、2万円台が視野に入る。

本日早朝北朝鮮が日本のEEZにミサイルを発射。今月に入って3回目。韓国ではないが、だんだん危機不感症になりそうだ。

今、金正恩は相次ぐ弾道ミサイルの成功で天下を取った気だろうが、いつまでもそうした状況が続かないのが世の常。

おそらく来年の今頃は表舞台から消えているだろう。

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ