北の動きで軍事行動が既成事実化の流れ?!

株式市場は反発。前日比57円高の19900円で大引け。出来高は21.6億株。昨日同様引けにかけて出来た。

ドル円は113円台後半。NY市場では114円台まで伸びたものの息切れし113円での動き。ここにきて115円台の声も多くなってきている。

そこまでいかなくても、既報通り2万円は既定路線。

4月に2000ポイント開いたNYダウと日経平均が、ちょうど1000ポイントまで縮小してきた。日本株の出遅れ修正である。

外人買いのおかげだが、北朝鮮リスクもあって、ちょうど一月遅れで活発化した形である。

今後の動きも彼らにかかっている。彼らが手を引けば株価も止まり調整に入る。

さて、マーケットはリスクオンで順調だが、はたしていつまでもつか。気になるのはやはり北朝鮮動向だ。

おそらく、5月中に北朝鮮は核実験ないし、ミサイル発射実験を実施するのではないか。

トランプとの直接会談も、6か国協議も核開発の一時停止が前提条件だろうから、これも受け入れないだろう。

とにかく北は核を手放さないわけだから、徐々に米国の軍事行動の流れが既成事実化していくようになる。

いったん北が核かミサイルで動けば急速にリスクオンはしぼみ始める。

週初の高値更新で2万円台乗せは見えるが、そのあと20900円台の高値更新シナリオが描けないのはこのためだ。

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ