出来高・売買代金とも今年最高となったGW明け

週明けの株式市場は大幅高となり、先週末比450円高の19895円で大引け。出来高は24.08億株と20億株台乗せとなった。

売買代金は3.4兆円。売買代金が3兆円台に乗せたのは今年初めてで、出来高・売買代金とも今年最高を更新したことになる。

昨日も記したとおり、本日大幅高となることは想定内で、ポイントは年初来高値水準の19600円台をクリアするか、場味はどうか、という点にあった。

前者は大幅にクリアし、後者も出来高を伴っていることで問題ない。

つまり、2万円台乗せはもう間違いないだろう。

ドル円が112円台での動きに終始し株価の急騰が目立つ形となったが、これは買い戻し以外に、実需の株買いが入っているためだろう。

もちろん、一気に2万円台の乗せてくれば勢いが鈍るのは仕方ない。その意味では、スピード調整したほうが先がある。

おそらく、2万円台に乗せてくると15年6月の高値20952円の声が出始めるだろう。それは決算次第で、EPSが1300円近くまで伸びればその可能性もある。

が、1200円前半では厳しいだろう。ドル円が米国の貿易不均衡発言で120円までは考えづらいため、余計、業績数字にかかってくる。

今週末はSQであるためいつものように業者間の駆け引きで意味なく思惑的動きが出る。

本日の上昇も、高く決着させたい向きの取引が含まれている可能性もある。

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ