NYダウ20000ドル目前が日本株を支える 

本日の株式市場は73円安の19520円で大引け。昨日500円近く上昇したことを考えると、しっかりという印象。

TOPIXは1ポイント高の1555とプラスで大引け。出来高は20.4億株。さすがに昨日より減少したが20億株は維持した。

ドル円が116円台へやや円高となる中でも、そこそこ堅調だったのはNY株が60ドル高の199426ドルまで上昇したことも影響しているだろう。

ザラ場高値は19956ドルであと50ドルもない。近々達成してくるだろう。これがあるため、日本株も20000円方向を皆向いて下げそうで下げ渋る動き。

もちろん日銀ETF買いが控えていることもある。今のような状況では売り方も長引かせるのは不利と見て、大引けまでに手じまうことが多い。

もちろん、南シナ海問題や北朝鮮問題など懸念材料はあるが、もう少し顕在化しないと売り方も売り込めない。

トランプ大統領が就任する1月20日までの理想買いは皆承知しており、ここからはどこで手を引き始めるかということになる。

以前も触れたが、20日は再来週金曜日のため、もうこの週は様子見が強まると見て、強気も来週中までと意識しておきたい。

ドル円が夕方115円台に入ったが、今週はまだ調整の日柄でありこれもあり。来週は出直る動きと見る。

その点、明日の雇用統計に注目が集まる。予想は17.8万人増(非農業雇用者)。これを多少下回ったとしても、そう大きくドル安とはならないだろう。

今後の公共事業投資による雇用増が見込めるためだ。

昨日の大幅高を受けて、本日1部市場が動きづらかった分だけ新興市場は大きく動いた。昨日追加でフォローした個別株もどれも大幅高となり何より。

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ