一気に5月高値付近まで追い上げたドル円相場

 本日の平均株価は15749円となり、先週付けた終値ベースの高値を更新した。だが、TOPIXはいまだ5月22日の高値を抜けず。

 そして、本日はドル円相場。ついに103円30銭までドル高円安が進行してきた。引け後にはユーロ円が一時140円台に突入した。

 今年5月に付けた東京時間のドルの高値は103円56銭で、本日はそれにほんの少し足りないところまで円安が進行したことになる。つまり、株式市場とドル円相場ともほぼ5月の高値付近まで達したというわけである。

 こうした中、今週は週末6日の米雇用統計が注目される。11月発表の数字がポジティブサプライズとなったため、今回も良好な状態が継続しているか注目が集まる。

 ここではたして出尽くしとなるかもう一伸びとなるか。おそらく良好な数字が出ても、すぐに104円台とはいかないのではないか。一伸びした後は利食いに押される可能性があるため。もっとも、数字の強さ次第ではある。

 逆に、予想以下となればドル安円高となり株価は安くなる。だが、そうなったとしても、しばらくしてまた出直ってくることが予想される。つまり、あくまでも上昇途上の押し目というわけ。

 そして、来週13日はビッグSQ。まだ裁定残高が高水準であるため、崩れ始めると意味なく大幅安となる可能性も頭に入れておく必要がある。

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ