当面のシナリオ

 株式市場はしばらく調整。4-6月期決算発表が出そろったが、思ったほどではない。というのも、各社とも先行き慎重にみているため。おそらく9月中間決算発表時には上方修正が続出することになるだろう。それまでの幕間つなぎ。特に今月は、国会も開かれず、成長戦略の話題もない。

 その間隙をついて、いつものようにヘッジファンドたちが暴れまわる。出来高が少ないことから上より下に仕掛けやすい。何度も指摘している13000円そこそこのレベルは想定しておいたほうが無難。これが来月になると、7日の東京オリンピック開催の思惑が出始める。また、消費税も下旬には決まる。

 よって、一方的に売り込まれることもないだろう。特に消費税に関しては財務省の悲願であり、PKOを使ってでも株価テコ入れに動く可能性がある。当然それはヘッジファンドも承知しており、そこを無理していつまでも売ってくるほどヘッジファンドも馬鹿ではない。

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2013年8月
    9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ