逆N字型の下落か

 本日は一時200円高まであったが、結局引けてみれば200円安。上下400円以上の値幅で相変わらずブレブレ。もちろん明日のSQを睨んだ証券各社のポジション争いが主因だ。 本日の下げでチャート的には13000円前半の可能性が高まったように映る。

 7月の二番天井から三波動の下落のイメージ。逆N型である。綺麗に来ると13120円となる。また、その少し上の13200円を少し超えたところから窓を開けている。これを埋める13000円前半は重要な節目である。 やはり中旬から下旬に動きは要注意。ここは慌てる必要はない。

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2013年8月
    9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ